10月度 看護部新人研修を実施しました

今回の新人研修の課題は、「報告の仕方」です。

「物事を正確に、わかりやすく報告する」ということは、シンプルですが、なかなか難しいものです。

わずかな時間の短縮が人命を救うこともある医療の現場では、ことさら「正確、明快、迅速」が求められるため、SBAR(エスバー)と呼ばれる伝達スキルが重視されます。

 

SBARとは?

Situation・・・・・・・状況            →患者様に現在起きている事象

Background  ・・・・・状況の背景→患者様の経過や既往など

Assessment ・・・・・判断   →状況、背景から自分がどう考えているか

Recommendation・・・要望・要請→して欲しい事の提案

 

imgp4757

先輩看護師(左)のアドバイスを熱心に聞く新人看護師たち

より良い伝達に必要な4つの事項の頭文字を取ったもので、この手順にのっとり、落ち着いて伝達することが、看護業務の遂行には欠かせません。

 

 

 

 

 

 

 

 研修に参加した4名の新人看護師にとって、状況の背景と、判断は特に難しかったようです。

研修を終えた、開西病院西3病棟 岡田看護師は「必要な事項をまとめること、患者様に何が起きているかを判断すること、落ち着いて考えることの大切さを改めて学んだ。そして、そのためには、豊富な知識が必要だ、と痛感した。もっともっと勉強していきたい」と語りました。

お知らせ

カテゴリー

アーカイブ

開西病院 医師採用サイト 介護職員初任者研修講座 広報誌とかちばれ
開西病院 介護老人保健施設あかしや グループホームかたらい 介護老人保健施設ヴィラかいせい 小規模多機能型居宅介護あんさんぶる リハビリデイりすた
Copyright © Hakuaikai. All Rights Reserved.