看護部 伝達報告会を実施しました

 研修会などに参加した職員が、そこで得た知識や技術を他の職員と共有する「伝達報告会」を、開西病院看護介護部で実施いたしました。

 

 今回のテーマは「看護師と看護補助者の”協働”」

医療情勢の変化が著しく、チーム医療の充実が求められる中でありながら、看護師不足は益々懸念されています。その中で看護業務がどう遂行されていくべきか、看護師・看護補助者それぞれの業務のあり方について、改めて確認しました。

imgp4910

多くの看護師、看護補助者が参加しました

看護師と、特に資格や免許を必要としない看護補助者のより良い協働のためには、看護師が医療行為に専念できる環境作りが欠かせず、その「環境」は看護補助者のサポートなしには有り得ません。

看護補助者は患者様の療養生活における身の回りのサポート、看護関係書類の整理など、看護・介護業務のうちの医療行為以外を担当します。

これらが効率的に実施されると、看護師の医療業務の質の向上が期待できます。

一方で、看護補助者は基本的に「判断」を求められない職種であり、看護師による判断と指示があって初めて成り立ちます。

看護師が質の高い業務を行うためには、質の高い看護補助が不可欠であり、質の高い看護補助を行うためには、看護師による質の高い判断・指示・監督が必要である、と、まさに二人三脚の関係です。

fa3

”協働”の様子

この二人三脚のゴールは「医療チームとして目指すもの」であり、これらを共有していくことが大切です。

開西病院基本理念「十勝に根差した患者様を中心とした医療の提供」

開西病院看護介護部基本理念「私達は『看護は心』の気持ちを大切に、博愛会理念(公正・正義・誠実)に基づき、限りない愛情と責任を持った看護サービスの提供に努めます」

を再確認し、今回の報告会は終了しました。

 

刻一刻と変化する医療・介護情勢へ臨機応変に対応し、より良い医療・介護・福祉サービスを提供すべく、博愛会は有益な情報・技術の共有に努めます。

お知らせ

カテゴリー

アーカイブ

介護職員初任者研修講座 広報誌とかちばれ
開西病院 介護老人保健施設あかしや グループホームかたらい 介護老人保健施設ヴィラかいせい 小規模多機能型居宅介護あんさんぶる リハビリデイりすた
Copyright © Hakuaikai. All Rights Reserved.