社会福祉法人 博愛会ロゴ

小規模多機能型居宅介護支援事業所

空き情報 

 

 住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを実現するために、利用者家族、地域住民、福祉・保健・医療と連携の下、切れ目なく在宅支援を行います。『誰もが地域でその人らしく普通に暮らせる』地域社会の実現に寄与することを目的に運営しています。

 

fa2

 

 小規模多機能型居宅介護事業所では「通い」サービスを中心に「宿泊」サービスや「訪問」サービスを提供します。「通い」で顔なじみになった職員が「宿泊」や「訪問」も対応するため、環境の変化に敏感なお年寄り(特に認知症の方)の不安を和らげることができます。また、ケアプランも小規模多機能型居宅介護事業所で作成するため、臨機応変で柔軟なサービスを提供することができます。

 

 

小規模多機能型居宅介護とは?

 小規模多機能型居宅介護では、「通い」「宿泊」「訪問」といった各サービスの内容は細かく定められてはいません。一人ひとりの暮らしが異なるように、支援の内容も異なります。

 現在の制度では、「通い」を中心に生活を支える仕組みになっています。生活や暮らし全体を通しての流れの中で困っていることは何か、自宅での暮らしを成り立たせる為に必要なことは何かを見極め、柔軟に支援していきます。

kayo

 

「通い」

maru1

通いが基本

 一人ひとりの思いや、これまでの生活スタイルを尊重した支援・時間を過ごすことができます。

 日常生活の支援だけでなく、仲間づくりの場として、いろいろな人と交わる場として、生きがいづくりの場としてご利用ください。

 例えば、朝から夕方まで滞在するのではなく、その人が必要としているお風呂だけ、食事だけといった、ほんの数時間の利用という使い方もあります。

 

「宿泊」

maru2

自宅での過ごし方と変わらないように

 「通い」を利用している方が、これまでも家で生活することを重点におき、なるべく自宅での過ごし方とお変わりないように支援していきます。その時々の様態に合わせて緊急時にも対応します。

 例えば、家族が病気になった時、すぐに利用できます。

 

「訪問」

maru4

回数も支援する内容も人それぞれ…

 「通い」だけでは支えきれない時間帯やさまざまな支援を、その延長線上として、その人の「暮らしぶり」に合わせて支援していきます。例えば、夜中に「おじいちゃんがベッドから落ちた!」という場合でも、電話一本でかけつけます。

※全国小規模多機能型居宅介護事業所連絡会「小規模多機能型居宅介護のご案内」より

 

 

利用できる方

 要支援1~2、または要介護度1~5と認定を受け、利用しようとしている事業所のある市町村

の介護保険証を有している方

 

 

小規模多機能型居宅介護支援事業所 一覧

sarabetsu-head2

obihiro-head2

makubetsu-head2

midorigaoka-head2

サービス内容

サービス付き高齢者向け住宅コムニの里みどりヶ丘 コムニの里ブログ 社会福祉法人博愛会Facebook 医療法人社団博愛会
ページトップへ Copyright © Hakuaikai. All Rights Reserved.